歌は世につれ世は歌につれ

「立冬」越えの最初の週明け、照ったり、降ったり、時折ゴロゴロ。まるで北陸の初冬から冬にかけての天気みたいだ。いくら暖冬といっても、ウォーキング道すがらの景色も「行く秋」を感じさせるものとなってきた。舟ヶ峪池をとりまく林が水面(みなも)に深…

「兵馬俑」アナザーストーリー

きょうは二十四節気の「立冬」。朝夕冷えみ、日中の陽射しも弱まって来て、朝のウォーキングの待ち合わせ場所も日当たりのよい側を選ぶようになった今日この頃だ。 きのう11月7日の誕生日の花はシラタマホシクサとラジオ深夜便が伝えていた。このシラタマホ…

1964年の東京

最低気温ひとけた、日中ポカポカ秋晴れが2日も続いている。この時季になると黄褐色の桜の葉、銀杏並木の黄葉が随分と進んできた。わが家のスモークツリーの葉も赤くなり、隣家のオキナワスズメウリの1.5cm大の青い実が真っ赤になってきた。季節の変わり目…

文化の日あれこれ

気象予報士さんのいうとおり、11月4日は晴れの確率が1年365日中一番だ。爽やかな秋晴れが広がった3連休最終日。今週の金曜8日が「立冬」ともなれば、四つ池越しに吹き上げて来る風にもそぞろ寒さを感じる季節になった。 きのう11月3日は文化の日。晴れる確率…

マチュピチュあれこれ

穏やかな秋晴れの日が続く中、もう11月、霜月だ。早いもので、来年の年賀状の売り出しが始まった。朝から、沖縄首里城の火災のニュースで持ちきりだ。15年ほど前一度だけ行ったことがある。木造建築が一度燃え出したらあっけないものであることを、まざまざ…

これまでとは次元の異なる事態

冷たい雨が日中降り続いたきのうとは打って変って、朝から穏やかな秋晴れのきょう。養老・鈴鹿山系の山々がいつもより霞んで見えると思ったら、どうも黄砂のせいらしい。春先だけでなく、この季節にも黄砂はあるらしい。 庭に季節外れの紫陽花が咲いているの…

こだわりの蕎麦づくし

爽やかな秋空が広がる、穏やかな天気が土曜から3日も続いている。それに引き替え、週末は台風21号や低気圧の影響で関東から東北にかけて、またまた記録的な大雨だった。千葉県は台風15号、19号に続きこの秋三度目の災害だ。きのう27日の誕生日の花はヨメナと…

「令和新山」&不滅の江戸弁

きのうは二十四節気の「霜降」、きょうは大雨警報が出るほどの「雨降」。窓の外の雨粒が見えるほどの激しい雨だ。プロ野球日本シリーズも弱いジャイアンツをさらけ出して、あっけなく幕。ラグビーW杯も、まだ決勝戦、3位決定戦が残っているものの、健闘むな…

「即位の礼」の日の論調に思う

きのうの朝のことだ。雨上がりの秋晴れの即位の礼の日。往来がいやに静かでないか!?カレンダーを見ても赤字になってない。サンデー毎日の家庭では、新聞やテレビを見て初めてその理由がわかつたのではないだろうか。きょうは「即位の礼」の日で、今年限り…

仁義なき戦い

この1週間あまりのメディアからの報道は19号台風被害とラグビーW杯一色だった。そんな中、また追い打ちをかけるように20号と21号だ。被害のない我々でさえ連続台風にうんざりしている。いわんや被害者の方々おやだ。 「想定外」「異例」づくめの19号台風被…

オーバー80へのエール

時には集中豪雨みたいな勢いで、ときにはおセンチになるみたいなシトシト雨で間断なく終日降り続いているきょうの雨だ。ラジオ深夜便の伝える誕生日の花、きのう10月17日はフジバカマ、きょう18日はホトギスだった。 フジバカマは「秋の七草」の一つで、万葉…

「最大のよろずや」ネット

「暑さ寒さも彼岸まで」のお彼岸から、もうやがて1ヶ月になるというのに、けさの冷え込みで「そうだ、衣替えをしなければ・・・」とようやく本格的な季節の変わり目を思い起こさせられる時季となった感がする。 大学生(昭和35~39年)の頃春と夏の休みに故…

長いようで短い、短いようで長い8年

土曜から日曜にかけて、国家のエンジンを止めてまで迎え撃つ厳戒態勢の中、スーパー台風19号が駆け抜けた。幸い、この地では雨、風の音すら聞くことなく通り過ぎた。日曜の朝、これぞ台風一過の青空と云わんばかりの秋晴れだ。 朝のテレビで映し出される、千…

たった一言で・・・

記録的暴風雨が予想される台風19号があす東海・関東地方に接近、上陸するとかで、テレビ・ラジオはまるで戒厳令が敷かれたかのような扱いだ。あすの東海道新幹線は東京・名古屋で終日運休。在来線、私鉄も計画運休。W杯ラグビーは豊田開催予定だったニュー…

がっかり!憧れのリゾートホテル

先週土曜の中日新聞夕刊「夕歩道」がこんなことを言っていた。>♪秋は名のみの風のぬるさよ~。衣替えも進まぬようで、いつもの年より、白っぽく見える往来、神無月。(中略)そう秋だから、真夏日なんて似合わない。入道雲も似合わない。10月になったのに、…

蘇った日光東照宮

台風18号が去った週末金曜から日曜までの3日間ツアーに参加。「華麗なる松島・会津磐梯・日光」と銘打った企画。名古屋から中央線特急ワイドビューしなので塩尻まで行き、そこからバスで周遊する旅程。宿泊は1日目が裏磐梯のグランデコ東急ホテル、2日目が磐…

斜(しゃ)に見る「高齢運転者の事故防止」

ラジオ深夜便によるときょう10月2日の誕生日の花はキンモクセイだ。いつもなら、この時期、ウォーキング中やグラウンドゴルフのプレイ中にどこからともなく、あの独特な芳香が漂ってくるが、今年はまだその気配がない。 それまで匂わなかったのに、ある日突…

「メイパパさん、貴兄もか!」

10月に入ったと云っても、日中はエアコンなしでは過ごせない。グラウンドゴルフでは途中の水分補給なしではやりきれない暑さだ。28日の土曜の中日新聞の「夕歩道」欄からの引用。 >曼珠沙華(まんじゅしゃげ)。ヒガンバナ。秋の彼岸のころに咲くからヒガン…

見直したW杯ラグビー

28日の土曜夕闇迫る6時頃、日本国中が沸きに沸いた。ラグビー日本代表が、真向勝負でアイルランドを破り金星を挙げた。午後、所要で豊田に出向いた。スタジアムで、夕方ラグビー南アフリカ、ナミビア戦が行われるので駐車場が心配で電車で行った。 キックオ…

伊勢湾台風に思う

残暑が続く中、今年は開花が遅いとメディアから流れていた彼岸花も、きのうのお彼岸明けを境にやっと開花が見られた。けさの家庭菜園の土手だ。咲いている株より蕾のものの方がはるかに多い。 きのう9月26日は台風の特異日だ。クマさんの日記を書き始めて13…

旅先で味わう本物の秋

お彼岸3連休明けの24.25の両日、地域の生き生きクラブの1泊バス旅行に出かけた。下呂温泉泊まりで馬籠・妻籠と高山・白川郷散策の旅だった。メンバーの新陳代謝の少ないクラブだから、平均年齢は上がる一方だ。事前にアンケートを取ったら、遠くに行くよりの…

そろそろ補聴器か!?

お彼岸台風17号の直撃からそれたこの地方、午後から日差しが出てきた。ラジオ深夜便によるときょう9月23日の誕生日の花は彼岸花だという。そのヒガンバナの名所豊田・宮上の逢妻女川の約450mにわたる両岸堤防の景色を毎年この時期の日記にアップして来た。 …

「のに」がつくとグチになる

きょう20日は彼岸の入り。ウォーキング沿道でもそろそろ彼岸花が姿を見せても良さそうなものだが・・・。毎年のことだが、彼岸の中日ころになると突然、一斉に咲き始めるから不思議な花だ。週末は台風17号の襲来が予想されている。彼岸花もきっと、咲こうか…

ママコノシリヌグイ

明後日20日はもう彼岸の入りだ。「暑さ寒さも彼岸まで」というくらいだから、真夏日ラッシュもいいかげんに手を緩めてくれないものか。ウォーキング沿道の野に生息する生き物たちも、最近は木陰で出会うことが多いような気がする。いつまでも暑いからだろう…

余命の告知の是非

「中秋」は旧暦8月15日のこと。今年は先週の金曜9月13日が中秋の名月、翌日の9月14日が満月。中秋の名月と満月の日付が1日ずれているそうだ。13日の宵は名月を愛でるにはあいにくの天気だった。翌14日の明け方、目を覚ますとカーテンの隙間から明るい月光が…

W杯ラグビー 盛り上がり欠く豊田

真夏日から解放されたのは何日ぶりだろか。過ごしやすい日となった。台風15号の直撃を免れて一滴の雨がなかった代わりだろうか、曇り空からウォーキングの時間には久しぶりに申し訳程度のお湿り。こちらでは“お湿り”などといっているが、9日に千葉県に上陸し…

「吉野家牛丼」方式が生んだ惨事

9月11日。この日は大阪赴任中の2000年と翌2001年に歴史に残る大参事が起きていた。2000年は名古屋を中心とした都市水害の恐怖を実感させる大きな被害で話題になった東海豪雨だ。2001年は米同時多発テロだ。これらの惨事を思えば、“戻り猛暑日”なんて蚊に刺さ…

「韓国報道」について思う

未明から夜明けにかけて、台風15号の直撃から免れた。ちょっぴり東にずれただけで,この地は一滴の雨も暴風もなし。フェーン現象による猛暑だけだ。鉄道距離で350km、直線距離だとわずか260kmの名古屋と東京の距離から考えると、これっぽちの距離の差だけ…

多治見が暑いワケ

朝夕の涼しさの中に“爽やかさ”が感じられるようになった。明後日8日は二十四節気の「白露」だ。夜の間に大気が冷え込み、草花に朝露が宿ることから名づけられただろう。野にはススキの穂が顔を出し、太陽が離れていくため空が高くなるなど、本格的な秋の到来…

香港問題に思う

グラウンドゴルフのホームグランド、桜公園の多目的グランドのフィールドには赤トンボが飛び交い、空を見上げれば、不安定な天気ながらも時折高い秋の空の顔をのぞかせる季節になった。とはいえ、残暑厳しく、きのう多治見は真夏日で、全国最高気温35.3度を…