「のに」がつくとグチになる

きょう20日は彼岸の入り。ウォーキング沿道でもそろそろ彼岸花が姿を見せても良さそうなものだが・・・。毎年のことだが、彼岸の中日ころになると突然、一斉に咲き始めるから不思議な花だ。週末は台風17号の襲来が予想されている。彼岸花もきっと、咲こうか…

ママコノシリヌグイ

明後日20日はもう彼岸の入りだ。「暑さ寒さも彼岸まで」というくらいだから、真夏日ラッシュもいいかげんに手を緩めてくれないものか。ウォーキング沿道の野に生息する生き物たちも、最近は木陰で出会うことが多いような気がする。いつまでも暑いからだろう…

余命の告知の是非

「中秋」は旧暦8月15日のこと。今年は先週の金曜9月13日が中秋の名月、翌日の9月14日が満月。中秋の名月と満月の日付が1日ずれているそうだ。13日の宵は名月を愛でるにはあいにくの天気だった。翌14日の明け方、目を覚ますとカーテンの隙間から明るい月光が…

W杯ラグビー 盛り上がり欠く豊田

真夏日から解放されたのは何日ぶりだろか。過ごしやすい日となった。台風15号の直撃を免れて一滴の雨がなかった代わりだろうか、曇り空からウォーキングの時間には久しぶりに申し訳程度のお湿り。こちらでは“お湿り”などといっているが、9日に千葉県に上陸し…

「吉野家牛丼」方式が生んだ惨事

9月11日。この日は大阪赴任中の2000年と翌2001年に歴史に残る大参事が起きていた。2000年は名古屋を中心とした都市水害の恐怖を実感させる大きな被害で話題になった東海豪雨だ。2001年は米同時多発テロだ。これらの惨事を思えば、“戻り猛暑日”なんて蚊に刺さ…

「韓国報道」について思う

未明から夜明けにかけて、台風15号の直撃から免れた。ちょっぴり東にずれただけで,この地は一滴の雨も暴風もなし。フェーン現象による猛暑だけだ。鉄道距離で350km、直線距離だとわずか260kmの名古屋と東京の距離から考えると、これっぽちの距離の差だけ…

多治見が暑いワケ

朝夕の涼しさの中に“爽やかさ”が感じられるようになった。明後日8日は二十四節気の「白露」だ。夜の間に大気が冷え込み、草花に朝露が宿ることから名づけられただろう。野にはススキの穂が顔を出し、太陽が離れていくため空が高くなるなど、本格的な秋の到来…

香港問題に思う

グラウンドゴルフのホームグランド、桜公園の多目的グランドのフィールドには赤トンボが飛び交い、空を見上げれば、不安定な天気ながらも時折高い秋の空の顔をのぞかせる季節になった。とはいえ、残暑厳しく、きのう多治見は真夏日で、全国最高気温35.3度を…

「9月」に思ったこと

1年の残り三分の一、新しい週が始まった。晴れ上がったが日中は残暑厳しい。グラウンドゴルフの夏休み明け初日、強い日差しに一汗も二汗も・・・。 きのう9月1日は「防災の日」。96年前20万人近い死傷者を出した関東大震災の記念日だ。子供の頃、明治生…

AIに監視されて思った

随分と人騒がせな秋雨前線だ。経験をしたことのないような大雨を降らせた地域もあれば、いつまでも不安定な天気が続く地域がある。幸いこの地域は後者の方だが、うんざりするような日が続く。きょう8月30日の誕生日の花はキツネノカミソリとラジオ深夜便が伝…

絶滅したもの、しぶといもの

今週に入って、ちょっぴり秋の気配が感じられたが、何と言っても時はまだ8月だ。そんなに簡単に秋に入って行くとは思えない。週末から9月にかけて傘マークが並ぶ。ススキ梅雨、秋霖(しゅうりん)が待ち構えているようだ。北部九州は未曽有の大雨のようだ。 …

「夏の終わり」&もうひとつの「あおり運転」

東アジアの国家間のぎくしゃくした関係とは違って、お天道さまと二十四節気の関係は息がぴったり合っている。暑さもやわらぐ頃といわれる「処暑」を過ぎたら、日差しが「痛い」感じから「柔らかい」感じに変わってきたきのう、きょう。朝夕は凌ぎやすくなっ…

あおり運転あれこれ

高校野球が終わった。きょうは「処暑」。秋雨前線が湿った空気にあおられて、梅雨時のような不安定な天気のきのう、きょう。それでも、「秋」の字が顔を出すようになっただけ、気分的にほっとする。 人間誰しも、暮らした土地に愛着がわくものだ。高校野球や…

「万引き」♪そんな時代もあったねと

お盆も過ぎて、ツクツクボウシの声も聞くようになった。甲子園の高校野球もあすは決勝戦。夏休み中の対ジャイアンツ戦というのに名古屋ドームに空席が目立つ。あの試合ぶりではファンに秋風が立つのも頷ける。てなことで、朝晩は気のせいか一時より過ごしや…

高速道10年♪そんな時代もあったねと

今月の10日から始まった企業城下町の「盆バカンス」も終わって、わが家の前の産業道路もけさは薄暗い内から往来が激しい。街は再起動の様相だ。 ラジオ深夜便によると、きのう8月18日の誕生日の花は百日草。ポーチュラカと並んで、この花も夏の花壇や畑での…

クズあれこれ

お盆台風10号が抜けた後に、また暑い夏だ。フェーン現象で日本海側では40度超の最高気温のところも。 映画やテレビで映し出される終戦の日のシーンといえば、青空に入道雲、皇居前広場、それに蝉しぐれと玉音放送が定番だ。今年は台風10号が豊後水道から広島…

「八月や六日九日十五日」

立秋からおよそ1週間経った。台風の波状攻撃が続いている中では、朝夕の空の様子や明け方の風、夜の虫の音などから秋の始まりを知るなんという風情は凡人には感じ取れない。 クマさんは夜明けのウォーキングで、猛暑のなかで小さな秋を見つけた。荒れ野では…

山三昧の「山の日」

8月も10日を過ぎると野原に限らず住宅地にもちらほらと高砂ユリが咲き出した。わが家の庭でも、どこから飛んできたのか咲き始めた。(下右写真)上の写真は丘陵尾根筋の荒れ野に咲き始めたものだ。繁殖力の強い外来種で、3.4年毎に群生地を移動させているそ…

「表現の自由」論争に思う

きのう8月8日は二十四節気の「立秋」だった。暦の上ではもう秋だ。当然のことはいえ、実感ではまだ夏だが・・との注釈付きでの秋だ。 秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる 藤原敏行 立秋といっても、まだ穂も出てない青田、高校野球は…

原爆の日エピソード

涼しい内にと早朝から始めた野良仕事も蝉しぐれに見舞われると、いっきに暑さが増してくるきょうこの頃。東南の海からは台風8号から10号の波状攻撃。日本海を挟んだ半島では4回も連続して短距離ミサイルの発射。にっちもさっちも行かなくなった日韓関係、米…

カスタムメイド人生にエール

5月の大型連休明けから続いていた4時台の夜明けの時間。気がつけばけさは5時4分だ。それもそのはず、今週の木曜8日は、もう立秋だ。レギュラーメンバーでのウォーキングは今月は夏休み。そこで、日の出直後の涼しい内に単独早朝ウォーキングをしている。 生…

セブンペイ撤退に思う

猛暑日が続く。全国ネットのテレビで連日”暑い多治見”が写し出されることは、多治見の住人は暑さで大変だろうが、離れた地に住む出身者にとっては、気分がいいものだ。この地でも、雨で延期になっていた市長杯争奪グラウンドゴルフ大会が、きのうおこなわれ…

理想の2番打者

「梅雨寒む」「大雨警戒」のニュースが遠ざかったと思ったら「梅雨明け宣言」「猛暑日」「熱中症警戒」の文字が躍るきょう、このごろだ。きのうは故郷多治見が全国最高気温37.1度を記録して、日本一暑い都市の面目躍如といったところだ。 多治見が暑さ日本一…

「まっ、いいか」ウィルス

週末に東海地方に上陸した台風6号。おかげで土曜の夜の地域の夏祭りは中止。昨年は台風12号の接近で中止。2年続きの台風来襲による夏祭り中止。これも、異常気象のせいだろうか。なにはともあれ、梅雨があけた。庭も畑も草が伸び放題。この暑さの中での草む…

’64東京五輪ビフォー・アフター

この地域での梅雨明け宣言はまだない中、けさは待ち望んでいた夏空だ。気象の専門家に言わせれば、この雲は台風6号の雲というかもしれないが、まぁそんなことはどちらでもよかろう。強い日差しがあるものの、木立に沿った日陰のウォーキングコースはひんやり…

ハス物語

きのう、きょうと2日続きで青空と太陽が戻った。きのうは二十四節気の「大暑」できょうは猛暑日。条件は整った。きょう、あすにも梅雨明け宣言があってもよさそうだが・・・。 この2.3日、吉本興業が揺れている。所属する芸人らが反社会的勢力の主催する会合…

名画「夜警」とアムステルダム国立ミュージアム

うっとおしい梅雨空が続くなか、先週は「教養」と「教育」(きょう用があって、行くとこがある)の日が続いた。火曜は名古屋で麻雀、木曜は多治見で同窓会の反省会、土曜は名古屋で会社のOB会。リタイヤーした後輩たちが、地域の区長だの神社の氏子で多忙…

「ユーが打たなきゃ誰が打つ」

台風5号の接近が梅雨明けを遅らせているようだ。いつまでもうっとおしい日が続く。気温と犯罪の発生率には関連性があると聞いたことがある。不順な天候が、異常な犯行を誘発するだろうか。埼玉県では就寝中の男子高校生が侵入してきた男に首を切られ、ケガを…

みちのく紀行2 佐井村

先週あたりから「晴れぬ夏」だとか「冷夏」だと盛んに報道され、お天道さまも気を遣ってきょうは久しぶりの晴れ間が戻った。とはいえ、梅雨の最中の日差し。先週の本州最北端の地大間崎で浴びた真夏の青空からの日差しとはモノが違う。 その大間崎が下北半島…

みちのく紀行 1

梅雨の最中の「海の日」。この記念日とこの気候がどうもマッチしない。去年のように7月9日に梅雨明けでハッピーマンデーの16日が「海の日」ならしっくり来るのだが。おとといの土曜、庭の草取りをしていたらどこからともなくセミの鳴き声だ。 今年のように梅…