土曜日、猿投温泉へ。渓流沿いに初夏の風物詩”あじさい”かと思えば、一方庭園には秋の七草の”ききょう”。  初夏と秋が同居。こんなことがあるものかと思い、きょうネット検索。”ききょう”は初夏から秋にかけて花を咲かせるとのこと。  ちーとも知らんかった。

 

「ききょうの花 咲くとき
    ぽんと 云いそうな」  加賀千代女


猿投の桃畑沿いの農道で”あざみ”をみつけた。
  「口をもて  霧吹くよりも  こまかなる
             雨にあざみの  花はぬれけり」  長塚 節


「ばら色日記」のyokooranngeさん、きれいな睡蓮の写真が載っていた。それでは、こちらは今朝の
散歩でせっかく大きいハスが咲いていたのでハスといこうか。

  「ほのぼのと 舟押し出すや  蓮の中」   夏目漱石