ハワイ”目からウロコ”2

きょうの悠学カレッジは「Enjoy世界紀行ハワイ」の2回目。1度だけのハワイ旅行では先生からの聴く話は”目からウロコ”ばかりだ。ハワイ、目からウロコその2。

 
ティータイムは干しマンゴー、マカドミアンナッツをチョコレートで包んだハワイアンホスト、マカドミアンナッツ。マカドミアンナッツの由来は、防風林を作るためにオーストラリアから持ち込んだ木の実。 右は古典フラ。火山の神に祈りを捧げる踊り。


● ハワイの象徴ハイビスカスの原産はシンガポール。ハワイ古来の固有植物はナウパカ(ハーフフラワー)


● 古来からの鳥は乱獲により絶滅。ビショップ博物館ではほとんどの種類が剥製で残されている。


● ハワイ島には4千m以上の山が2つある。その内のひとつマウナケア(4021m)には日本のスバル天文台がある。頂上まで車で行ける。スキーができる。


● ハワイで見る月は大きくて明るい。月の明かりを遮るためにカーテンをする。空気が澄んでいて月輪が見えるから。


● ハワイでの釣りのエサはパン。