世界遺産 ハルシュタット

中欧旅行 その9 世界遺産ー4

● ハルシュタットオーストリア

ザルツブルグの南オーストリアアルプスの麓にあるハルシュタット湖、この湖畔に家々が並び立つ景観はオーストリアの代表的な風景として世界遺産に登録されている。


★ 絵のような風景

世界で一番美しい湖岸の町といわれるハルシュタットイースター休暇中といっても、ここは観光客も少なく静かな町。

ハルシュタット湖畔風景:13-13%.JPG 直 ←クリック

ハルシュタット湖畔風景:2-13%.JPG 直  ←クリック



★ どこかで見たような風景

遊覧船から湖岸を眺めていて、どこかで見た景色だと気づいた。そうだ、丹後半島の伊根の舟屋の景色だ。洋の東西を問わず山間に生きる人たちの知恵は同じだ。(写真:上がハルシュタット下が伊根)伊根の写真はネットより

舟屋 合成.JPG 直 ←クリック
 

★ ここでも時間が足りない

町外れに世界最古で現在もまだ操業中の塩坑があり見学もできるそうだが、残念ながらツアーに入ってない。町のみやげ物屋でこの塩坑で採れた南京袋入りや箱入りの塩をどっさり買いこんだ。


船着場の近くにマルクト広場がありその奥にある教会の裏側に納骨堂バインハウスがある。ハルシュタットは狭い土地で墓地の用地が少ないので埋葬後20年くらいで遺骨を取り出し次の遺体を埋める風習があった。取り出した遺骨を納めたのがバインハウスで約千個の頭蓋骨が並んでいるそうだが自由散策の時間には写真と買い物に忙しくそこまでは行けなかった。ここでも、パックツアーの悲哀を味わった。

マルクト広場2-13%.JPG 直 ←クリック
 
納骨堂バインハウス:3-13%.JPG 直 ←クリック(教会の裏)