安倍晋三座長公演


相変わらず雲が主役の天気が続く。サミットウィークも雨に降られることもなく、大事も起こらず裏方さん達もさぞや、ほっとされたことだろう。きのう、きょうのメディアによる報道ぶりは、このサミットウィークのメインイベントはオバマ大統領の広島での追悼でG7の会談は添え物になってしまった感じだ。被曝当事国だから当然かもしれないが・・・。



そのG7の会談も安倍晋三座長公演みたいなもののように感じた。兄貴分のバラクオバマを特別扱いして、他の5人の出演者の存在感が薄かった。座長の描いたシナリオ通りの舞台となった。リーダーシップを発揮して、日本の安倍の存在感を世界にアピールできた。ともいえるが、自分の考えを強引に押し付けて消費税増税の実施延期のお墨付きをもぎとった。ともいえる。


公演のついでのオバマの墓参りが、全世界に強烈なインパクトでアピールするほどのイベントに導いた安倍晋三座長は男をあげた。消費税延期のお墨付きはもらった。自分の存在感を世界にアピールできた。今回の座長公演を内閣支持率アップにうまく利用できた。いっきに衆参同日選挙へのはずみがついたのではないだろうか。



豊田・藤岡の緑化センターでの「季節の花めぐり」。この時季、一番目立ったのがウツギだ。♪ 卯の花の匂う垣根に/ほととぎす 早やも来鳴きて・・・・夏は来ぬ    と唱歌でも歌われ、万葉の昔の人も和歌で詠んだ卯の花だ。


ウツギは茎が中空のため空木(うつぎ)と呼ばれる。「卯の花」の名は空木(うつぎ)の「ウ」を取って、う(=うつぎ)の花と名付けられた別名。 ちなみに、旧暦4月を卯月というのは、卯の花が咲く季節から、卯月と名付けられた。そして、たくさんの品種がある。との説明。



※ 5月の日記はきょうでおしまい。あす、あさっては多治見サミットが伊勢志摩へ出張サミット。