カップヌードルあれこれ

f:id:mikawakinta63:20190318132055j:plain

”お彼岸ウィーク”の週明けのけさ、新聞を取りに門まで行って気づいた。駐車場の車のフロントガラスがガリガリに凍っている。ウォーキングの道すがら、日陰になっている草むらは霜で真っ白だ。”お彼岸の入り”とはいうけれど、まるで真冬並みのけさの景色だ。                          

 

「暑さ寒さも彼岸まで」というけれど、このような冬景色に接すると、正岡子規の句「毎年よ彼岸の入りに寒いのは」が大変説得力のあるものだと感心させられる。 「お母さん、お彼岸だというのに寒いなあ」と言うと「毎年よ・・」と母がこの句のように答えられたという。これが現代口語体俳句の基本形になったそうだ。 正岡子規は春の彼岸を迎える度に、お母さんを偲び、供養の手向けをしていたことだろう。

 

 

ラジオ深夜便の伝える、おとといの土曜3月16日の誕生日の花はハルリンドウだった。3月6日にアップしたショウジョウバカマを撮影した瀬戸の山奥、岐阜県境にある山野の日陰になることの多い斜面にはショウジョウバカマ、陽当たりのいい部分にはハルリンドウが点々と咲いていた。

 

ハルリンドウの花期は3〜5月。ふつうのリンドウは秋に咲くが、この花は春にきれいな青紫色の花が咲くことからのネーミング。リンドウ科リンドウ属。

f:id:mikawakinta63:20190318155553j:plain
f:id:mikawakinta63:20190318155631j:plain

朝の連ドラ「まんぷく」、チキンラーメンに続くヒット商品カップヌードルの開発も佳境に入り完成まであと一歩の所まで来た。世界80ヶ国で4億食以上が売れている商品だとわかっていても、ドラマの中に引きこまれて行き、手に汗握る。

 

先週から今週にかけて、このカップヌードルにまつわる話題が賑やかだ。先週水曜か木曜だったかの産経新聞デジタル版に載っていた。日清食品と大阪の阪急うめだ本店のコラボで同店内に昨秋から自分の好みにオーダーメイドできる「MOMOFUKU NOODLE」の店を出して、大ヒットしているそうだ。

 

麺とスープ3種類から1つと野菜具材10種類から4つを自分の好みで組み合わせることのできるカップヌードルで組み合わせは2145通りになるそうだ。1個540円。なお、MOMOFUKUというのは、創業者安藤百福氏の名前からとったもの。

f:id:mikawakinta63:20190318154733j:plain
f:id:mikawakinta63:20190318155239j:plain
 

きのう17日のNHK大相撲のテレビ中継、ゲストは「まんぷく」で主人公萬平の妻(安藤サクラ)の姉の夫役小野塚真一を演ずる俳優大谷亮平だった。アナウンサーに朝ドラの見所を聞かれると「カップヌードルが完成して・・・・」と日清食品の名前を挙げてしまう場面があった。NHKアナのフォローはさすがだった。「まんぷくヌードルですね」と瞬時に訂正して切り抜けた。

 

 日清食品では同社所属の大坂なおみ選手がテニスの二大タイトルを獲得したのを記念して「カップヌードル大坂なおみグランドスラムV2記念パッケージ」をきょう3月18日に全国で数量限定発売するそうだ。1個180円。

 

同社では「世界の強豪を相手に立ち向かう大坂選手と、日本を代表するブランドとして世界市場に立ち向かう『カップヌードル』は、これからも世界を沸かし続ける」としている。

 

単身赴任時代の昼飯はこのカップヌードルとおにぎりで済ませること多かった。その時代の住まいはドラマ「まんぷく」の舞台池田と隣接する豊中の、それも池田に近い地域だった。竹内まりやの歌「縁(えにし)の糸」の一節から、♪どんなに細い縁の糸も物語運んでくる

 

 

 

相撲あれこれ

f:id:mikawakinta63:20190315150750j:plain

朝は冬並の冷え込み、日中はうららかな春の日、夜は雨の予報。目まぐるしく変わる春の天気だ。きょう3月15日の誕生日の花はラッパスイセンラジオ深夜便が伝える。わが家の庭でいま賑やかに咲いている。ウォーキング沿道の荒れ地の急斜面にも黄色いラッパスイセンが群生している。やっぱり、わが家のものに愛着があり、それらを優先アップした。

 

スイセンは色々種類がある中で、黄色の花で内側の副花冠がラッパのように突き出てていて3.4月頃に咲く種類のものをラッパスイセンという。とのことだ。彼岸花スイセン属。

f:id:mikawakinta63:20190315152901j:plain
f:id:mikawakinta63:20190315152922j:plain

最近テレビで相撲観戦をするようになった。といっても。結び前の4.5番だけだが。あの仕切りの時間が、このスピード時代にまだるっこくて仕方ない。そういう人もいるだろう。逆にちびり、ちびりとやりながら観戦するのに、箸休めの時間にもってこいの仕切り時間だという人もいるだろう。

 

大相撲があれだけ、次々と不祥事を起こしても 年6場所とも連日満員御礼の札が下がる。世間がどう云おうが、根強い支持層に守られているということだろう。まるで、トランプ大統領だ。メディアにあれだけ叩かれても、盤石の支持層を握っているということだろう。

f:id:mikawakinta63:20190315160949j:plain
f:id:mikawakinta63:20190315161014j:plain

 

大相撲といえば「土俵」。「土俵」にまつわる忘れ得ぬ言葉がある。「他人の土俵で相撲をとるな。自分の土俵でとれ。」若いころ上司からよく言われた言葉だ。「相手のペースに乗るな、自分のペースに相手を乗せよ」ということだ。相手のペースに乗せられると防戦一方で自分の主張ができなくなるのだ。

 

テレビで国会議員のトーク番組などをみていると、出世している先生はたいがい相手の話を遮ってでも強引に自分のペースにもって行こうとしている。つまり、自分の土俵で相撲をとろうとしているのだ。知らず、知らずに相手を自分のペースに引き込むか強引に引き込むか最後は人間性の問題だろう

英なきEU、出番はオランダ

f:id:mikawakinta63:20190314131335j:plain
f:id:mikawakinta63:20190314131354j:plain

春に向かって順調に歩を進めていた陽気も、一歩後退で寒い朝を迎えた。グラウンドゴルフのウェアも冬用を引っ張り出す始末だ。「毎年よ彼岸の入りに寒いのは」子規 彼岸の入りは来週月曜だから、この寒さも想定内としておこう。

 

英国がEU離脱問題で揺れている間に「これぞ勝機」とばかり「英なきEU」の主役に名乗りをあげた国がある。オランダだ。人口たった1700万人の小国だ。出るべくして出てきた国の感がある。3年半前にオランダ、ベルギーのツアーに参加して、オランダ在住歴30年のおばさん日本人ガイドが熱っぽく語ったオランダという国が思い出される。

f:id:mikawakinta63:20190314154407j:plain
f:id:mikawakinta63:20190314154431j:plain

 

 オランダは他国で迫害された人々を受け入れることで繁栄してきた。アムステルダムはアンネフランクに代表されるように迫害された人々が安住した懐の深い街だ。何事にも寛容であることが最大の特徴。(鎖国中の徳川幕府キリスト教の布教活動禁止に対し寛容に応じて長崎出島での貿易を行い、日本に蘭学をもたらした例もある)

 

 現在ではその暮し易さのために実に多くの移民を受け入れている。 合法的に入国した移民については、オランダ語講習、社会化講習、就職相談をセットにした「市民化講習」を欧州諸国に先駆けて行うなどの移民対策を講じている。

 

このようにそれぞれの文化・国民性の異なった多くの移民を受け入れて一つだけのルールで縛るよりは一定限度の自由を認め、自由な一方で自己責任で行動しなくてはならない国にした方が国是に沿っている。そうしたことの延長線上に「安楽死・売春・麻薬」の公認があり、街に昔ながらのレンガ造りの建物もあれば自由な発想の奇抜な超モダンな建物が目につく。

f:id:mikawakinta63:20190314154640j:plain
f:id:mikawakinta63:20190314154706j:plain

 

オランダの強みは宗教に縛られない貿易国として繁栄した歴史に根差す自由経済の伝統だ。EUでは、ルノー筆頭株主が政府であるように「国家主導経済」が伝統のフランスに英国が自由経済の旗手となってしのぎを削りながら米中からEUを守ってきた。

 

英国のドタバタをよそに昨年、英国からオランダへの移転企業が42社。約250社が検討中とのことだ。15年前エールフランス航空に吸収統合されたKLMオランダ航空をオランダに取り戻すべく2月末にオランダ政府は筆頭株主の仏政府に資本比率で並ぶだけの株を取得して、労組のスト、高コストで競争力を失っている仏側に構造改革を求めた。

 

EU離脱問題で揺れる英国、黄色いベスト運動で揺れるフランス、オランダのガイドさんが熱っぽく語ったオランダの出番がいよいよ回って来たか。「英なきEU」

 

 

 

 

キラキラネーム「王子様」

f:id:mikawakinta63:20190313124622j:plain

気まぐれ天気に振り回された午前中だった。ウォーキングのスタートから10分もしない内に突然のにわか雨。急きょ、短縮コースに変更。早目の帰宅で一服していたら青空。庭に出て草むしりを始めたら、強風の来襲で中止。何事も中途半端な日だ。

 

ラジオ深夜便によるときょう3月13日の誕生日の花はユキヤナギとか。この地では桜と開花時期が重なり、豊田・藤岡緑化センター日本庭園周囲の桜と雪柳のトンネルが絶景だ。グラウンドゴルフのホームグランド、桜公園の土手の雪柳もまだ一分咲きだ。

 

名前の由来は、葉が柳の葉に似て細長く、枝いっぱいに白い花を雪が積もったように咲かせるところからだそうだ。花がいっぱい散ったあとの地面も雪がパラパラと積もったように見える。冬の紅葉もきれいだ。ばら科シモツケ

 

f:id:mikawakinta63:20190313133341j:plain
f:id:mikawakinta63:20190313133411j:plain

何とも可愛らしい花にもかかわらず、ヒドい名前をつけられている花がある。ヘクソカズラママコノシリヌグイがその代表例だろう。生涯学習講座「ふるさとの自然」の講師愛教大芹沢教授が言っていた。近代植物分類学の権威牧野富太郎氏がつけた名前に誰もクレームがつけられず、ここまで来てしまった。と。

 

ただ、花の名前には別名があってその花の名誉は回復されているだろう。ヘクソカズラはサオトメバナ、ママコノシリヌグイはトゲソバと。人の名前はそんなわけには行くまい。30年くらい前のことではなかっただろうか、東京・昭島で「悪魔」の名前の届け出を市役所が不受理で裁判沙汰になったことがある。

f:id:mikawakinta63:20190313145103j:plain
f:id:mikawakinta63:20190313145123j:plain

 

個性的な名前は戦前からあったようだ。与謝野鉄幹・晶子の四男はアウギュスト、五女はエレンヌだったそうだ。きょうの新聞2紙のコラム、日経「春秋」中日「中日春秋」で期せずして「王子様」なる名前を持つ山梨県の高校生が家裁に改名を申し立て、このほど「肇」への変更が許可されたことを取り上げていた。

 

親の安易な命名で息子は無用な苦労を背負った。会員証をつくろうとして、偽名を疑われ、自己紹介のとき笑われるのだという。キラキラネームと言われる個性的な名前をつける命名権は親の権利だが、命名された子どもは名前を一生背負っていかねばならない。やはり、よく考えないと。両紙、クマさん共通の思いだ。

リメンバー3.11

f:id:mikawakinta63:20190312125719j:plain

うららかな春の日を思い起こさせるような 陽気になった週末土曜の夕暮の景色も、また格別だった。燃え盛る炎のような赤から青空にいたるグラデーション、その中にセントレアから飛び立っただろう飛行機の飛行機雲だ。雨戸を閉める手を休めてしばらく、見入った春の夕暮景色だ。

 

きのう3月11日は東日本大震災から8年目の日。地震津波原発事故による大災害で2万人を超す人命が奪われ、行方不明のまま。8年経つ今でも5万人を超す人たちが避難生活を続けている。戦災や大きな災害を体験していない自分には、この災害は相当なショックだった。「記憶の風化」は被災者への罪深い裏切りだろう。毎年この日に自戒を込めて当時の日記を読み返している。今年も読み返した。当時、菅さんていう首相がいたなぁ。

 

 

f:id:mikawakinta63:20190312141516j:plain
f:id:mikawakinta63:20190312141536j:plain



2011年3月11日のクマさんの日記の一部だ。《照ったり曇ったり、時折にわか雨、早朝にはうっすらと春の雪。目まぐるしく変わる天気の挙句の果ては地震がぐらり。国内観測史上最大の地震とテレビが伝えていた。こんな長い時間揺れた地震は初体験だ。東北地方では大災害のようだ。

 

きょう列島に観測史上最大の激震が走ったが菅内閣では日替わりメニューのように連日屋台骨を揺るがすような激震が起きている。ときあたかもこの3月11日に菅首相在日韓国人から献金を受けていたことが発覚し列島を走った地震菅内閣に止めを刺したことになるかもしれない。》

 

 

震災と菅首相、同じ8年前の出来事と人物。震災に対する8年という距離感と菅さんに対するそれとは随分違って感じられる。菅さんは過去の人だからはるか彼方の遠い過去の人という距離感だ。震災からの8年は復興がまだ道半ばであるだけに菅さんの存在よりずっとずっと身近に感じる8年という距離感だ

f:id:mikawakinta63:20190312142233j:plain
f:id:mikawakinta63:20190312141724j:plain

 


この国難に自分は何ができるか?真剣に考えた。4月20日から10日間の中欧旅行キャンセルするかとか・・・。そんな時に「電気が足りない関東・東北地方に私たちが節電して融通しよう」なんて関西からのチェーンメール。メールの転送だけでなくブログにカキコすれば自分のできる大きな貢献だ。と喜んだのも束の間、いたずらメールだとブログのコメントで知らされた》そんなこともあった



この国難に自分は何ができるか? 復興特別所得税が年金から引かれて貢献しているのだ。天引きだから痛税感が、つまり距離感がない。これを、各自現金で納めるとなると痛税感、距離感が出ると思う。収税効率の問題はあるが

 

復興特別所得税でわれわれは東北の被災者への共感につながっているのだ。天引きだからついつい忘れがちだ。あの日の記憶が薄れ、遠い地への想像力も鈍りがちだ。しかし津波などに襲われた被災地の生活は、8年の時を経た今も、震災以前の日常とは遠い。それを思うと、やはり切ない。

 

 

 

 

サンキューの日

f:id:mikawakinta63:20190309142002j:plain

穏やかな晴天。朝は冷え込んだが、日中はポカポカ陽気になった。

きょう3月9日の誕生日の花はシバザクララジオ深夜便。ウォーキング中に日当たりのいい石垣などで見かけるようになった。ピンクや白など色々な品種があるようだ。春に、桜に似た花が咲き、それ以外の時期には葉が芝生のように広がって美しいことから「芝桜」のネーミングとか。

                          

上と下の画像は10年前の茶臼山高原「天空の回廊」芝桜。奥三河と長野県の県境にあって標高が1400m。高いので5月下旬でも見られた。現在はもっと規模が広がっているはずだ。

f:id:mikawakinta63:20190309144304j:plain

 きょう3月9日はサンキューの日だ。毎日何気なく過ごしているが据え膳、上げ膳で三食食べられるのもカミさんが元気でいるから。毎日笑って過ごせるのも信頼できる友人、知人がいるから。こうやってみると、いろいろなことに感謝しなければと思い起こし、それを言葉に表すことが同じくらいのウェイトで大事ではないだろうか。


 特に男は感謝や謝罪の気持ちをたとえ心の中で感じていても、それを言葉に発することをよしとしない。「云わなくてもわかるだろう。」と言う感覚でいることが多い。また、妻に対していうのが照れくさいとか・・・。

 

気持ちは、やはり口に出さないと伝わらない。サンキューの日を機に感謝の気持ちを思い起こし、言葉にして伝えることの大切さを考えさせてもらった。この気持、毎年3月9日だけで終わらなければいいが・・・。

 

クマさんの日記への訪問、サンキュー。

渋谷ノスタルジー

f:id:mikawakinta63:20190308131025j:plain
f:id:mikawakinta63:20190308131050j:plain

景気循環は後退局面に入ったようだが、目まぐるしく変わるこの春のお天気局面、きょう、あすはニコニコ局面だ。野や庭で春を告げる花、ロウバイに始まり、菜の花、マンサク、サンシュユ、イトスイセン、黄色い花が多い。わが家の門の横で咲きはじめたイトスイセン(上写真左)、甘い香りのおまけまでついている。

 

1週間ほど前、メイちゃんパパさんのブログ「シニア人生を楽しむ」で青春時代を過ごされた東京の東急池上線沿線の洗足池公園や大井町線沿線の大岡山界隈の昭和ノスタルジーを読ませていただいた。

 

f:id:mikawakinta63:20190308154346j:plain
f:id:mikawakinta63:20190308154410j:plain


 自分は学生時代の4年間だけだが、彼の住まいと隣接する大森・馬込に住み、通学の沿線(大井町線荏原町→自由が丘東横線乗換え→日吉)だったことから、彼のカキコに出て来る地名も馴染みがあり、妙に共感を覚えた。そして、自分なりのノスタルジーを覚えた。

 

 

学校の帰り道、自由が丘で大井町線に乗り換えせず、そのまま渋谷まで直行が多かった。東横百貨店2階の東横線渋谷駅。勿論当時は自動改札でない。集団で、いたずら半分に定期券で乗り越し精算せず改札口を出た。不正乗車で4人が御用となった。「改札口 みんなで通れば こわくない」 こんなことは通用しないということを身を持って体験した大学1年生だった。

 

忠犬ハチ公前から道玄坂に向かうと焼け跡マーケットに恋文横丁があり、中華料理屋が何件もあった。同じ学校に通う先輩の従兄に連れられて、生まれて初めて”餃子”を食べた。世の中にこんな美味しいものがあるかと思った。半世紀以上経っても店の名を忘れない。「みんみん」(字は忘れた)

 

 

f:id:mikawakinta63:20190308154522j:plain
f:id:mikawakinta63:20190308154543j:plain

渋谷駅の近くのリキスポーツパレス。力道山の経営するボーリング場だ。子や孫に話しても信じてくれないが、当時のボーリング場はピンを係員が並べて、退避したら投げる方式だった。係員が退避する前にボールを投げて、大事には至らなかったがトラブルを起こした。

 

「3丁目の夕日」時代と重なる我が青春時代。その当時の渋谷界隈は、けばけばしい看板、クモの巣のような電線、迷路のような駅の構造、混沌と喧騒という表現が一番ぴったりとする街だった。そして、その頃から今に至るまで工事の槌音による喧騒だけは留まる事を知らない。いつ行ってもどこかで工事中だ。

 

6年前の東横線渋谷駅地下化で戦後処理が一段落したかと思いきや、何が何が、渋谷再開発の最終完成は2027年だという。ノスタルジーに浸ってばかりいられない。リニア新幹線の乗って、新しくなったハチ公広場を見に行く体力づくりだ。